店舗紹介
〜 About us 〜

ももとせとは

 
 

100年以上の歴史ある黒漆喰の蔵をリノベーション。
国産家具や地域の工芸品など暮らしを楽しむ道具を揃えたインテリアショップ&カフェです。

 
 
company_image01

「豊かな暮らし」をテーマとした、国産木製家具やテーブルウエア・生活雑貨など、暮らしに取り入れたいインテリア商品に実際に触れることのできるショップ&カフェです。店内の椅子テーブルは国産木製家具のみを厳選して取りそろえ、実際に食事やお茶を楽しみながら座り心地を確かめてご注文いただけます。住宅雑誌「住まいの提案」をはじめとする暮らしに関する書籍を備えたブックコーナーも併設し、くつろぎと学びの時間を提供します。

 
 
 
 
Book
Cafe

 暮らしの
 書籍を集めた
 ブックカフェ

 
全国各地で発刊されている「住まいの提案」シリーズの住宅雑誌のバックナンバーや、料理や裁縫、ガーデニングなど、暮らしに関する書籍を揃えたブックコーナーのあるカフェ。地元の野菜とこだわりの味噌醤油を味わえるお食事や、ドリンク&スイーツをご用意しております。
 

 
Interior
Shop

 国産家具や
 インテリア雑貨
 工芸品の販売

 
国内で製造された椅子・テーブル・ソファなどの木製家具を販売しています。全席違う種類で揃えたカフェの椅子やテーブルが家具の取扱商品となっておりますので、飲食をしながら座り心地や相性をお確かめいただけます。また、カフェの食器は川連漆器をはじめとする地域の工芸品を採用しており、「MADE IN 秋田」の暮らしの道具をお試しいただけます。
 

 
 
▶ 詳しくはこちら
   
▶ 詳しくはこちら
 
 
 
 
Event
Space

イベント

 
暮らしに豊かさを添える季節の行事や地酒を楽しむための食のイベントを定期的に企画します。

 
Learning
Space

習い事

 
金継ぎやペーパークラフト、編み物の会など、暮らしに役立ち、暮らしを楽しくする手仕事の習得を目的とした講座を定期開催します。

 
Rental
Space

レンタルスペース

 
店内の一部を作家さんやこだわりのものづくりを続けている国内メーカーに貸し出して催事を行います。

 
▶ 詳しくはこちら
 
▶ 詳しくはこちら
 
▶ 詳しくはこちら
 
 
 
 
 

ももとせ管理人よりごあいさつ

 
 

この店は現代経済への小さな反抗心がつくりました。
 
多くの人がそうだと思いますが、
私の生活は一日の大半を仕事に費やして得たお金によって成り立っています。
出版や広告業が本業ですが、朝9時に始業して原稿制作や媒体の企画を考えたり、
広告の営業に出かけたりしてだいたい夜8時くらいまで働き、休みは月に6日くらい。
そうやって得た賃金と品物やサービスを引き替えて生活しています。
自分の手を離れたお金が、世の中をどう巡っていくのか気になり始めたのは遅まきながら十年ほど前です。
ささやかでも、限られた人生の時間と引き替えに得たお金ですから
茶碗ひとつを買うときにも、世の中が良い方向に進む品物を選びたいと思ったのです。
 

▶ 続きを読む

食べ物をはじめ、つくり手が比較的近くに存在している地方にあっても
今は国道沿いに都会と同じような店が台頭しています。
その状況を都会的で文明的と捉えるか、地域の自主性と文化の崩壊と捉えるかは価値観によりますが、
無遠慮に大きな看板を掲げ、海外製の商品を大量消費させんとする姿に私が感じたのは後者の焦りでした。
 
ここに思い当たって、買い物という行為が変化し始めます。
もちろん家事の一環や娯楽の要素もありますが、
「この人のものづくりは応援したい」だとか
「このお店は地域にずっと存在していてほしい」といった思いが
選択時の優先順位の多くを占めるようになりました。
もう一方の選択肢と比較してそれが十円、たとえ一万円安くても
支払ったお金が巡り巡って自分たちや子どもの未来に良い結果をもたらさないなら、
自分の人生の時間と引き替えにする価値がないと思うようになったのです。
そうして買い物は自分の人生を資した投票活動に変わりました。
 
買い物の中で、私が最も喜びを感じるのが人生を豊かにしてくれる手仕事の暮らしの道具です。
しかし、その多くを生み出す各地の伝統工芸もまた、安価な工業製品に駆逐され後継者不足が深刻です。
何代にも渡って人から人へとつないできた手仕事が
安さや簡単さと引き替えに消えてゆくのはあまりにも惜しく、貧しい。
でも、それは箸から家に至るまで、日本のものづくりの場で起こっている現在進行形の現実なのです。
 
経済とは人々の暮らしを良くするための社会関係で、本来それは人のためのものでした。
それがいつからか、人は「経済を動かすための消費者」として見下げられ、
大量消費に都合のいい情報だけが与えられて、私も気づかない間に消費を続けてきました。
 
でも、そんな今の経済の空々しさに気づいたからには、
まっとうなものづくりをしているつくり手を応援し、
「人のための経済」を取り戻すことに微力ながら挑戦してみたいと思います。
 
まだ少ない品揃えですが、良質で温もりのある品物を見つけて増やす予定です。
また、使う側からの言葉をつくり手に伝え、より良いものづくりのための仲立ちができたらとも思っています。
 
あなたが人生を費やして得た大事なお金だから、じっくり考えて使ってください。
 
ここがあなたと長く親しめる愛用品との出会いの場になれたら幸せです。
 
 

 
 
 
 

店舗情報

 
 
 
 

毎週 火・水曜定休
 
日月木…10:30~17:00
ランチ 11:30~L.O.15:00
 
金 土…10:30~21:00
ランチ 11:30~L.O.15:00
ディナー 17:00~L.O.20:30

 
 

【所在地】
 
〒012-0801
秋田県湯沢市岩崎字岩崎160
 
【電話】
TEL 0183-55-8839

 
 
 
 

アクセス

 
 
 
 
 
 

その他