必然的で合理的なウィンザーチェア bo

 

bo-01

ウィンザーチェアの名匠である村上富朗氏の逝去を受けて、家具デザイナーの小泉誠が氏への思いをもとに制作に挑戦した作品。
 
座面のゆるやかなくぼみと絶妙なアールを描く背棒が、腰から背中までを包み込むように支えます。

bo-02

 

細部の作り込みが丁寧で、特に背棒を囲むフレームは座面へ向かうにつれて緩やかにねじれ、作品全体にやわらかな雰囲気を与えています。
強度を保ちながら、合理的な必要最低限の材料で構成されているため、軽量で扱いやすく、女性にも人気です。

材種 ブラックウォールナット/ハードメイプル サイズ W435 D485 H850 SH410 (mm)