Interior Shop & Cafe momotose

トップ > 台所用品 > 雑貨一覧 > 藤総製陶所

藤総製陶所

いつものお茶をもっと美味しく 老舗窯元の急須

藤総製陶所は、1907年(明治40年)に創業し、「萬古焼」を作り続けている窯元です。
萬古焼の代表である紫泥急須。鉄分を含む地元の粘土「赤萬古土」を使用し、窯内の酸素をなくして燃焼させる「還元焼成」でつくられています。1200℃で還元焼成された急須は、無釉薬で焼き締められ事により、土に含まれる鉄が酸素を奪われ紫褐色になります。還元焼成された素地の鉄分は、お茶に含まれるタンニンと反応して、渋味を和らげます。
萬古焼の急須はお茶を淹れた際に、渋味成分の吸着と旨味成分を保持をバランス良く行うため、お茶を入れるのに最適な急須です。

いつものお茶を美味しくいただくために考案された「至高急須」は形状や茶漉しの穴など細部まで職人の技が施された、まさに至高の急須。
お茶を焙じるための焙烙とお茶を淹れる急須が一つになった「焙烙急須」はそのまま火に掛けお茶を炒ってお湯を注ぐだけで香り高く美味しいほうじ茶が楽しめます。玄米茶やコーヒー豆を炒るときにも便利です。