Interior Shop & Cafe momotose

トップ > ブログ > Sunrise

01
15

Sunrise

「Sunrise」



富山のガラス制作ユニット「硝子の種」の作品が入荷しました。

この作品のコンセプトは朝日の色と空気感。
赤、黄、青など彩度の異なる2色のガラスが朝日の昇る美しい夜明け前の情景を表現しています。
ラス作家・内田悠介さんによる作品で、高温に熱せられたガラスを、竿を使用して息を吹き込んで形成する「宙吹きガラス」の技法で丁寧に仕上げられた一点物です。
生花・ドライフラワーなどの一輪挿しや硝子のオブジェとしてお部屋に飾っても。
一点一点手づくりですが、追加制作が可能なため、お気に入りの色や大きさの作品をご注文いただけます。

「硝子の種」では、作り手の印象に残った風景を硝子の中に閉じ込め、器や照明、オブジェなどの作品として表現しています。
1,300度の窯であめ状になったガラスを竿の先端に巻きつけたものを「タネ」といいます。
そのタネが、たどり着いた先で芽を出す植物の種のように、カタチを変えて人々の生活に芽を出すきっかけになって欲しい。
そんな願いの込められた作品を作り出しています。

当店では色や大きさの異なる4種類を販売しております。
色味や光に照らされる事によって、違った夜明けの風景が感じられる作品ですので、
ぜひお気に入りの1つをお部屋に飾ってみてください。