Interior Shop & Cafe momotose

トップ > ブログ > 手袋の産地がつくるレザーバッグ

02
08

手袋の産地がつくるレザーバッグ


 
通勤・通学やちょっとしたお出かけの必需品。
毎日持ち歩くものだからこそ、しっかりとしたつくりで長く愛用できるものであると嬉しいですよね。
おうち時間が増える中、たまの外出の際に少しでも楽しい気持ちになるように。
当店では日本一の手袋の産地がつくる、2種類のバッグを取り揃えています。
 
手袋の国内シェア90%を誇る香川県・東かがわ市のブランドと、地元のバッグ製造メーカーがコラボしたレザーバッグです。東かがわ市は手袋製造の技術をもとに、発展したものづくりが根付く地域。手袋の縫製技術をベースに、細部まで繊細につくられています。床面(レザーの裏地)には裏面処理を、持ち手の断面には仕上げ材を塗り、革製品にありがちなケバ立ちや繊維クズが出ないよう仕上げられています。
 
 

「bucket bag」
 

 

 
口がキュッと窄まったマチ付きの巾着型バッグ。国産キャンバス生地に、やわらかなイタリアンレザーを組み合わせて作られています。内側には深めのポケットが2つあり、手持ちも、肩掛けも◎。
 
素材:牛革/綿

サイズ:W 約21cm/H 約27.5cm/マチ 約15.5cm

持ち手の長さ:手持ち 約42cm/肩掛け 約90cm

カラー:アイボリー/グレー
 
 

「mini shoulder」
 

 

 
立体的な自然のシボ感が、革らしい表情を楽しめるショルダーバッグ。国産なめしの牛革と、国産のキャンバス生地を組み合わせて作られています。シンプルながら軽量で、ちょっとしたお出かけや街歩きにもぴったり。
 
素 材:牛革/綿

サイズ:W 約18cm/H 約25.5cm/マチ 約5cm×13.5cm

持ち手の長さ:約120cm(結び目を変えて調節できます)

カラー:レッド&ベージュ/ネイビー&グレー/ブラウン&ネイビー